あたまのうしろ

根暗学生の雑記

すっきりしている

お久しぶりです。生きています。
あまりにも普通に、やや幸せに生活できていて、書くことがありませんでした。

薬を飲んではいるものの、大学にいた頃とは比べ物にならないくらい、安定しています。
今になって前の状態の異常さが分かったりもしてます。耐えるとか自分のせいとか…ああ病気だなと。
(この状態も、後になって「あまりにもハイだった」とかってことになるかもしれないですが)

とりあえず今は「良くなった」と表現しようと思います。
良くなってから、失くしたかもと思うものも少しはありました。
以前ほど芸術に関心がなくなったような気がしています。
「うめき声みたいな作品を作るね」と言われた私、分かりやすいところだと色がない頃のルドンや、ベクシンスキー石田徹也なんかの作品が大好きだったのですが(今も大好きですが)、今はそういう作品を作りたいという気持ちがすごく薄いです。消えてしまったかも。
作品の楽しみ方も、純粋に視覚で楽しむというか、そういう感じに変わりました。
芸術に興味ない人って、もしかして精神が安定してるのかななんて、思ったくらい。

そんな感じで、一般的な感覚というやつが色々分かってきたりしています。
外に出かけたい、人と過ごしたいという気持ち。
好きなことをしたい、自由な時間が欲しいという気持ち。

なんだかんだで仕事にも慣れてきて、自分のお金で生きてるという安心感をかみしめています。
4年の付き合いになる恋人と同棲してるのも、支えになってるかもしれません。ありがたいことです。

鬱ってきっと薬で治ります。
生きててよかったと思える日が来ます。

最終回みたいなこと言ってるけど、これからも鬱と付き合っていきます。