あたまのうしろ

根暗学生の雑記

一人でも

結局は、自信があるように振る舞うことでしか解決できないんだと思う。
薬を飲むなり酒を飲むなりして、深く考えないように、自分でも焦るくらいアクセル踏み込んで生活するしかない。
そんなんで意外と普通っぽくできてる気がする。何度も書いたかも。

周りの人だって、自分は普通だって強く思い込んでるから生活できてるだけ。と思いたい。
ただし、どこかで一度でも疑ってしまったら終わり。いじめに人生狂わされるというのはそれなんじゃないかって。


自分は普通だから大丈夫だって頭の中で何度も唱えてる。
ただ毎年この時期はすごく揺らぐんだーー学園祭とかがあるから。
お祭りの雰囲気や人混みが大嫌い。人脈維持もどうでもよくなる。何にもない日が好き。

こういう時心の拠り所がいくつかあればと思うんだけど、人と会うのって疲れるしめんどくさい…。
家族も友達もあんまり好きじゃない。素敵な友達はもういなくなってしまったし、また同じような根暗友達作ったって、お互いにメンタルがダメだからこじれて辛い思いするだけ。
どんなに孤独感があっても「自分は普通で、ちゃんと社会の中にいる」って信じられれば、一人でも。