あたまのうしろ

根暗学生の雑記

無気力だった時期を思い返したり

卒業単位の確認なんかをぼちぼちやって、これまでの4+1年間なにしてたかなーと思ったりした。
あんまり思い出せなかった。結構な時間を部屋で悶々としたり、辛くて泣いたり、やっておかなくちゃいけないことに押しつぶされて過ごしてたかもしれない。
誰のための時間だったんだろう、って思った。大学の4年どころじゃなくて、もっと、ものすごく長い時間、自分のために生きるっていうのが分かってなかった。
これからどんどん不真面目で迷惑な人間になっていくかもしれないけど、私のいいところはそんなに変わらないと思う。