あたまのうしろ

根暗学生の雑記

言葉で分からないとできない

初めてデッサンをしたとき、上手い人が何を考えて描いてるのか全く分からなかった。
まず、見てるものを手元に写すという感覚すらピンと来なかった。「見たまま描け」と言われて本当にそうしようとした。でも、どんなに慎重に測っても正しく描けない。
そうして寸分違わず描くのがデッサンだと思っていたから、先生の教えることが全部「それっぽく描く方法」でしかないことに悩んだりもした。見たままって何だろうとか。
結局ずーっと描きながら考え抜いて、きっかけは忘れたけど「紙の向こうに立体物を再構築する」と考えたら描けるようになった。見たまま描けばいいなんて嘘。

そういう風に、考えすぎて出遅れることがすごく多い。
もしかしたら、みんな感覚的に理解してやっていたのかも。もっと感じるままにやってみてもいいのかもしれない…

好きなアニメのちょっとしたセリフで「そーやって何でもかんでもフォルダ分けしなくたっていーだろ」っていうのがあった。
そうそう、何にでもラベルを貼って、言葉で分別してしまうんだよな。はっきりしないとすぐ折れそうになる。
絵を描いてるくせに、感覚で何かするのがすごく下手。色とか線とか、いちいち考えてやらないと全部ちぐはぐになる。

みんなどうやって生きてるの。