あたまのうしろ

根暗学生の雑記

絵で就活

多分18卒だけど、まだ就活してない。ありもしない志望動機を作って電車で知らない所まで出ていって知らない人と面談して…という行為が果てしなく難しい。
私の「就活やだな〜」に同調してた友達もみんな「やだね〜」と言いつつ実は、よく知らない業界や業種にまでESを出しまくって、どこかしらに就職していった。何それ? しかも総合職? 営業? 人間大好き人間かよ。お疲れ様でした。
全然嫌ってないどころか積極的にやってるじゃないですか。私が「みんなもやってなさそうだし〜」というタイプじゃないのが唯一の救いだったかもしれない。私は私以外の1億2千万人がやってたとしてもやりたくないタイプ。(そういう所が非常にまずいんだと思う)

知らない場所も知らない人も大っ嫌いで、自分の部屋が唯一の陣地で、一歩外に出たらHPが減り続けるみたいな。
そういう気持ちで生きてる人ってそんなにいないんだな。

とりあえず、バイトでお墨付きもらったイラストを仕事にできないか考えてみる。秋くらいまでにポートフォリオができなかったら進路考え直し。
もともと仕事にするつもりはなかったから、自分の絵が通用するのかもよく分からんし、枚数も全然足りない。怖い…。

これからは見世物のつもりで、就活のこととかも書いていくと思います。できるだけ正直に。
イラストの仕事って最近はそれほど夢物語ではない気がしてるんだけど、どうでしょうね。