あたまのうしろ

根暗学生の雑記

根暗と服飾

ファッションってあるじゃないですか。大学生になるまで殆ど興味がなかったので、以前はよくトンチンカンな格好で出かけていました。
今はちゃんとしてるのかと言われると、微妙だけども…。

性別のせいもあってか、自分が普通の格好をできているかどうかってすごく自信とか安心感に関わってくる。歪んでるのかなあ。
ファッションにこだわりのありそうな人から「いいね」と言われたりすると、気分いいよね。これユニクロだぜ、って。

(女性がド・カジュアルな格好をしてると「女として終わってる」という言葉を使われたりするよね。ジーンズにパーカー、スニーカーで黒髪一本縛り、みたいな。
男性の場合は知らないけど、そういう価値観抜きに付き合ってるコミュニティがけっこうありそうに見えるなー。もしかしたら自慰をしなかったり、大きい鞄を持ったりすると「男として終わってる」と言われる世界があるのかもしれない…。)

なんにしろ、ファッションというのは結構人の価値観とかが見えて面白い気がする。
私の場合は「見た目はそこまで気にしないけど、一般的な若い女性ともかけ離れすぎてない人間ですよ」というアピールのために服を買う。できるだけ安く。
電車でGO!のあるゲームセンターまで電車でGOしたりしてると、お金ないからね。それでも世捨て人に見えないように。

極端に楽をしようと思ったら安いとこでマネキン買いというのもできるけど、そうすると私のファッションに対する「流行なんて陰謀じゃ、クソくらえ」という気持ちに合わない。あと大抵のお手本って着てる人を明るく見せるものだからか、根暗が着るとキョロキョロした根暗に見えてひどい。
ファッションが上手な人は全身どこにも黒がない格好とかするけど、私は落ち着かないんだよなー。

明るく見せることをやめたら、服が似合うようになってきて、楽しい気がする。
髪は黒。鞄も黒。靴も黒。
ファッション雑誌にはそんな人いないけど、私はそんな感じです。