読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまのうしろ

根暗学生の雑記

このブログの今までとこれから

お題「私はなぜブログを続けているのか」
心境も変わってきて思うところがあったので、良さそうなお題を持ってきてみた。

元々このブログは、知り合いに見られたくないネガティブな気持ちをぶちまける場所として作った。
ザ内向的・かつ内気で自信なし・社会不適合ぎみ。そんな自分が何も気にせずに弱音を吐ける日記帳みたいなもの。
それ以前から日記を書こうと試みたことは何度もあったんだけど、自分しか見ないからか、呪いじみたノートができあがったりした。殴り書きの線とか、涙でにじんだインクとか…。

人に見られる可能性があると思うとちょっとはマシな文章にもなるし、特にはてなだと(実際にはそんな見てもらえてなくても)、他のブログと並んでる感じがして落ち着く。
好きなブログが近所にあって、ちょっと勇気が出るような。ほとんどアクセスのない私のブログでも、閉塞感なく続けられてる。

それで、そんなしょうもない内容を書き続けて1年経ってしまうんだよね。
ここで息継ぎをする事が多かったかな。辛うじて言葉っていう網に引っかった気持ちを文字にしてた。
(これ、芸術療法かなんかの本で見た表現で、とても心に残ってる。「言葉という網に引っかからない思いを、芸術によってすくい上げる」という感じだったかな。)

最近は留年して吹っ切れたり、投薬が上手く行っていたりで気持ちが楽なので、以前ほど切実な投稿はしてないけども。溺れて死にかけながら書いてるようなね。
それじゃあ何を書くべきか、と考えたりしてる。

なんとなーく芯になりそうなのは、

  • 人に見られて初めて意味があるようなことは向いてない
  • 良いこと・楽しいことばっかり書きたくない
  • 人に言いづらいような考え事を自由にしたい
  • 自分を理解したい

これくらいかなと思う。こういう内容って他の人にとってはほとんど価値がないことが多いから、めったに話す機会とかがないんだよね。
かといって、考えた残りカス(表現の仕方が分からない)があると次の思考のじゃまになることがある。近くにあるとくっついちゃったりして。

物を考えるのが好きな私にとって、ブログにぶちまけるというのは掃除というか、片付けというか、ゴミ出しみたいなものなんだ。多分。必要で、気持ちのいいこと。だから続けてるんだと思う。
あー結局は、変わらなくていいんだろうな。今までと変わらず、考えたけど言う場所のなかったことを、それなりに分別して、ぶちまけていくよ。