あたまのうしろ

根暗学生の雑記

過食しなくなったこと

しつこいようだけど薬が増えて普通に生活できるようになった。ので、以前から何度も挫折してた減量をはじめていました。といっても特別何かするわけではないけど。

何度も挫折したっていうのは、体重と食べたものを記録して食べすぎないように管理する、というだけのことが全然できなかったからです。

毎日憂鬱でどんなことも満足にできないと感じていたし、気を紛らす手段が食べる以外になかった。今思うとちょっとヤバいくらいには我慢がきかなかったなー。

色んな人に太ったって言われて、自分の体が嫌で嫌で、断食したらついでに死ねるかなーなんて思うこともあった(どうしたいかも分からなくなっている)。ストレス発散で食べまくって、太って、人に言われてストレスが溜まってまた食べて。40キロもないような友達が外食に誘ってくるのも嫌だった。

高校くらいから、女性であることがすごく嫌だと思うことがちょくちょくあったので、それも絡んでずっと悶々としてた。私の体についてどうして他人から口出しされなきゃいけないのか。それは女だから?って。 

 結論から言うと、食べることくらいしか満足にできないような状態で、食べることまでやめる必要はなかったんだと思う。

むしろ、薬がないと眠れなかった中で、過食気味ではあっても食事ができたこと、わりと大切だったんじゃないかな…。

精神的に安定してきてからは、食事の管理がそんなに辛くないです。驚いたのは、食べることへの関心が(前と比べて)とっても低いこと。コンビニに行ってもあれこれ買いたくならない。甘いもの食べてても途中でやめられるし、お腹空いたまま寝られるし。

スマホアプリでカロリー計算をして、ちょっと歩くように気をつけただけで、おっさんみたいな出方をしてた腹がマシになった気がする(まだ大分ぶよぶよしている)。

痩せてる人ってずっとこういう感じで生活してるんだろうなー。大半は普通の人より我慢強いというより、精神的に余裕があるんじゃないかな。

食べてしまうことについて、自分の忍耐力のせいにする必要はなくて、むしろ、食べる以外に逃げ道のない自分を心配した方がいいのかもしれない。

 

ちなみに、太りまくって食べることが怖くなり、いよいよやばいぞと思った時もありましたが、そういう時にはブックオフでアンチダイエットの本を買ってきて読んだりしてました。

うさんくさいなーと思うような本でも、とにかく拒食にならないように書いてくれてるものが多いので。