読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまのうしろ

後ろ向いて後ろ向きに歩いてく

世渡り下手

思ったこと

薬を飲み始めてちょうど1週間が経過した。案外「抗うつ剤」という名前に引っ張られて落ち込むこともなかった。理由のない落ち込みや無気力が減った気もする。

昨日は日中暑かったせいか、はたまた空腹ぎみの頃に薬を飲んだからか分からないけど、就寝前、めまいがしてキッチンにぶっ倒れた。まだおデコがちょっと痛い。たぶん薬の副作用かなあ。だんだん慣れて日中の眠気や怠さも和らいでくるらしいので気にしないことにした。あと失神するのはけっこう好きだ。映画のイントロみたいな感じがして。


とはいえ、私はイレギュラーなことが大嫌いだ。いつもどおりが好き。覚えてる限りでは、小学生の頃からそうだった。
遠足が嫌い、運動会が嫌い、合唱祭が嫌い、修学旅行が嫌い。(家が好きなので振り休は好き。)いつもと違う練習や集会をするくらいなら、勉強してる方がずっと楽しかった。
今だと、長期休みとかも苦手。子供の頃と違って自分で予定を立てなきゃいけないし、何かするのにも色々考えてしまうから。家にいるのは今も大好きだけど。

一応3年ちょい耐えてきたけども、芸術系の講義や実習はものすごく苦手。
授業内容や日程、評価基準が分からないまま始まるし、試験期間になるまでレポートかテストか分からないことさえある。急に休講になって掲示もないとか、そもそも毎週のように遅刻してくる先生、専攻とかの内輪でのみ共有される情報(しかもLINE)…などなど。
何をするか分からない授業に行くのがすごく不安なので、つい休みがちになってしまう。そもそも授業ないかもしれないし。
授業のためのシステムもあるんだけど、ほとんど使わないコンピュータ嫌いの先生が多い。せめて一通メールしてくれればいいのに…。

そんな芸術系とは違って、理系の先生はびっくりするほど親切だ。私のような人種にとって。
授業についてはネットでほとんど公開してくれるし、学内のシステムも使ってくれるので全てがクリアで、しかもフィードバックがある!(芸術のレポートは出しっぱなし)
内容が多少難しくても全然ストレスがない。どっちが普通なのかは分からないけど…。
(文系は中間くらいなのかな? 先生によって違うのはもちろんだけど)

そういうわけなので初心者向けのプログラミングはよく履修してたりする。大抵理系の先生が担当なので。制作の足しになることもあるし、老後の趣味にもいいだろうし(?)。


こういうことって、正当じゃない要求だから言えないんだよな。私が不安になるからこうしてください、なんて。不便ではあるけど、要求するリスクに見合わない。

まあそんなだから、自分はできる限り誠実でいようと思ってはいる。けど、結果的に損することが多いんだよなあ。信頼してもらうとかえってやることが増えたりして。大学ってそういう世渡りスキルを身につける場所なのかな。

毎日決まったローテーションで生きていけたら最高だけど、いろんな要因があってそうできないのは分かっているので、今は適当にだらだらと過ごしている。イレギュラーはたまに失神するくらいでいい。