読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまのうしろ

後ろ向いて後ろ向きに歩いてく

よい子もどうせ死ぬ

思ったこと

 私はわがままで、頑固で、我慢ができない性格だ。ジャイアンを非力にした感じ。

 気まま〜にやりたいことだけやってたくせに、誰でもできる仕事をしたくないのと勉強自体は嫌いじゃないのとで、なんとか大学に入った。芸術学部(not美大)だし、学科試験も受けてないけど。アホだ。勉強ができないとか、ちょっと一般常識が足りないことにコンプレックスがある。自己責任だ。
 自分の性格がずっと嫌だった。学生というのはコツコツと根気強く何かしらの努力をしていくべきで、それができないのはダメ人間だと思った。小学校の先生がよく言っていた「毎日コツコツ」を目指して生きていた。だけど結局何も成し遂げられなかった。軽く10年くらいの間、そういう自己否定だけはコツコツできていたけど。本当にアホだ。

 既に社会に出て働いている人からすれば、なんか偉そうに屁理屈こねるクソガキでしかない私だけど、だからこそ、私は自分自身を助けたいと思う。
 一般的に褒められるような性格はしてないけど、だったら自分で自分を褒めるようにしたい。なんでもかんでも「甘えだ!」と言われがちな世の中だけど、だったら自分を甘やかすために努力してやる。怠けるための努力もする。

 卒業単位の中に納得できないやつが多くてめちゃくちゃ無気力になってる私は、我慢強さで言ったら3歳の姪っ子とそう変わらないんだろうなーと思う。だけど我慢だらけで生きるくらいならダメ人間と呼ばれても全然構わない。やっぱりちょっと、姪には負けたくないけど。

 まあ、そんなふうに思うようにするのはどうかな〜と思って書いてみたことです。私のブログはくだらないのが当たり前だー。
 今思うと、もっと子供のうちに子供らしくしておけばよかった。小学生の頃通信簿に「みんなのお手本になる子です」って書かれたことがある。腹立つわ。子供時代に刷り込まれた「こうあるべき!」みたいなものをさっさと取り払いたい。盗んだバイクで走り出したい(比喩)!
 
 無理して折れて、壁を眺めてるくらいだったら、ダメな毎日を元気に過ごせるように。