読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまのうしろ

根暗学生の雑記

落ち込んでない日の自分

落ち込んでる日の自分って誰かに責められてる。自分のしたいことに対して「ダメだ」って言ってくる何かがいる。

元気のある日に自分の日記やブログを読み返して見ると、そんなに真面目にしなくてもいいんだよ〜と言いたくなったりする。

とことん悲観的になってしまう時って、すごく固いんだろうな。そういう時の自分のために、どういう対策をしておくのがいいのかなあ。

そういえば、中学校の先生がむかし、心の発達具合を卵にたとえていた。生卵は割れやすくて中身がどろどろ。とかそういうの。

で、何卵がいいんだったかな。温泉卵だったかなー

足元が明るくなってきた

復学の手続き自体は済んでいたんだけど、授業のオリエンテーションが大体終わって、やっと「無事に復学できた」と言えるようになりました。単位自体は思っていたより余裕もあるし、不安や抑うつは薬で緩和できると分かったので、一安心。

最近はドラマや映画、アニメ、漫画など娯楽も楽しめるようになってきて、創作意欲も戻ってきたような気がします。 あとは、ブログを読むのが趣味みたいになってきた。今まで目を向けなかったような、雑誌みたいな記事も読むようになって、旅行がしたいとか、新しい服を買いたいとか、やりたいことが増えるのが少し嬉しい。

いつもみたいな愚痴も(他にはけ口がないから)やめたくはないけど、たまには楽しいことも書きたいなー。今まで人に読まれることをあまり意識せずやっていたけど、少し変えてみたい。

自分の変なこだわりのこととか、好きなゲームのこととか、書いてみたいな。また今度。

自分ダメすぎ

あ、これ自分には合わないなって感覚がある。
主に、おしゃれな物か難しい物。それか「熱意のある人」って求人。
その感覚が本当に正しいのか、挑戦するべきじゃないのか、必要以上に自分を下に見てはいないか、よく分からなくて迷う。

あと自分を人並み以下と思う癖が抜けない。
というか、実際何においても人よりできていないと思う。←これ。

義務

今までよりも「諦めた」気持ちで胸がいっぱいになった。
こんな無価値な私は生きていけないとかじゃなくって、漠然と、あーつまらないな。何もしたくないな。と思った。
もっとこういう私だったら良かったのに、じゃなく、面倒だな。って。

たまたま出会った他人(今の恋人)に自分の価値や居場所を求めたり、家族との関係をなんとかやり直せないかと考えたりもしたけど。
彼は色んな意味で不器用だし、家族には長い間嘘をつきすぎてた。
友達と過ごしても何も変わらないと思う。

したいことや、先に見えるものが何にもない。けど、私の住んでるところでは、生きてることが重要すぎる。
こんなボロきれみたいになってても生きてるのが一番。生きてなきゃダメ。

最近「死の思索」という本を読み始めた。
精神科でも大学でも、友達さえも、死の話には付き合ってくれなかった。
高校生ほどの頭もない私だけど、こういう本はなんとか読めるように頑張りたいし、でないと生きていけない。

何にもしたくないのに進まなきゃいけない

そろそろ同期たちの卒展も終わって、いよいよ春かー。復学が近いからか、不安定な感じ。

院進を考えていたところから一転、グチャグチャになって授業も院試もばっくれ、休学。
大学の居心地の悪さや、就活に対する不安、そこから来る憂鬱感・無力感・死にたい気持ちなどから、むしろさっさと就活すれば解決するんじゃないかという判断で進学はやめようかなと。
もともとあった制作や研究への気持ちも、自信と一緒にどこかへ行ってしまった。あとは、休学するまでの間に担当教員への信頼が底をついたのも…。

ポジティブな理由といえば、3年付き合ってる恋人と同じタイミングで卒業できることくらいか。良くないことかもしれないけど、精神的に支えてもらってやっと生きてる部分が多いので、遠恋になって私のメンタルが潰れると厄介。全然ポジティブじゃないけど。

ぶっちゃけ就職に対するモチベーションが全くなくて、困る。
結婚して生活していくために収入は必要だけど、そもそも「生きてて何かしたい」って気持ちがない。

生きていけない感

調子のいいときも増えてきたけど、やっぱりたまに「生きていけない感」がグワーッと押し寄せてきて、辛くなる。
生きていけない感というのは、多分私みたいな、(悪い意味で)真面目で無気力で、不安すぎて自己愛から目が離せない人。なら分かるんじゃないかな…。あとまだ就活してない人。

生きていける場所がどこにもない感じ。
誰も助けてくれない感じ。
強すぎる自己愛を手放したいけど、それを誰も補ってくれない感じ。
今ある関係が全部空っぽなものに思えてくる感じ。

一言で言うと「孤独感」だとは思うんだけど、それよりもっと絶望的な感じ。
孤独+自己嫌悪みたいな。もう全部だめじゃんっていう。

セロトニンがどうとかじゃなくって、実際にダメな自分がここにいる限りどうしようもないんだって。
かといって今から躾けてくれる場所も人もないし。

これから人並み以上に失敗ばっかりで生きていくんだ、って覚悟ができない。

ブログ名を変えてみた

新しい年も始まったし、気分転換にブログ名を変えてみました。
「ろぐ」というには読み返したくないことが多すぎたし、ちょっと記事も整理しつつ。

「あたまのうしろ」というのは、私が好きになるようなものをぎゅっと濃縮したみたいな、お気に入りの言葉です。
作品のためかは分からないけど、そういう因数分解みたいなことをよくしています。

このブログで作品を公開したことは今のところないけれど、いつかは制作記録なんかつけられたらいいな。