あたまのうしろ

根暗学生の雑記

社会人になってみて

卒業する年の2月に就活を終えて、自動車学校は中退し、卒業式はサボるというダメダメ人間だけど、今なんとか社会人として生きてるよー

ものすごいダメな感じのポートフォリオとか作ったので薄々気づいてはいたものの、デザイナーってしんどい。
いないと困るものなのは分かるけど、お荷物感がすごい。人の仕事を増やしておいて自分は退勤するみたいなね。
直接的なしんどさ(違法な労働時間とか、理不尽な上司とか)はないのに、勝手にしんどい気分になることがある。

しんどい気分といえば、引っ越してから大分経ってやっと精神科に行った。
実はこっちで病院行ったりするのがめんどくさくて、もう薬やめたろーと思って減らしてたんだけど、痛い目見たから急いで病院行った。
前のとこでは病名言われなかったので勝手に 不眠症+メンタルが弱い(←自分のせい) と思ってたのが、ここにきて結構がっつり病名が出てきたので面食らったよ。

辛くなる理由もないし、薬やめても大丈夫かなーって思ったんだよね。
今まで大学が原因で憂鬱になってると思っていたので、卒業さえすればスッキリ暮らせるのかと。
なのに、就職決まっても、卒業決まっても、同棲はじまっても、ずーっとモヤモヤがとれなくて。
訳もなく泣いたり死にたくなったり辞めたくなったりしてた。
なんでこんなに良さそうな環境の中にいるのに、こんな気分なんだろうーって

それで、病院でこんなことを言われて、ちょっとスッとするような、しないような感じだったので、書いとこう。

「思い当たるような出来事があって憂鬱になるのは、鬱病とは言わないですね。
思い当たることもないのに憂鬱になるのがホントの鬱病。」

気分が悪いからって、どこかに嫌なことがあるわけじゃないんだ。
だったら、ちょっとは安心してもいいのかなあ、と思いました。

それで話の流れからしてまあ、そうなんだけど、
「だからあなたの場合たぶん鬱病っぽいですね」
とオチがついたよ。
ショックではあるけど、合う薬が既に見つかってて、それをちゃんと続ければいいって分かってたから、大丈夫だった。

しんどいときもあるけど、薬飲んで適当に生きるよ

思ったより大丈夫/これから

「ああ駄目だ不安でしょうがない」の後には大体「思ったより大丈夫だったなあ」が来る。
今回のプレゼンもそんな感じ…。
いつものパターンだって、自分でも分かってはいる。思ったよりも失敗したことってあまり覚えがないし。
こういう不安って「思ったより大丈夫」を何度も経験しているうちに薄れてくると思ってたのに、そうでもなくて困った。
本を読んだり彼氏と話したり(揉めたり)して模索してるけど、最悪のパターンを考えないでいることってどうしてもできない。
最悪のパターンを考えつつ、不安にならなければいいんだろうけど。それってできるかなあ。
とりあえず、自分の想像と事実や体験を区別するように気をつける。


あとは卒制を終えてみて、これからの制作について、ずっと考えてる。
短期間にガリガリ作りすぎてすっかり嫌になってしまってたけど、改めて自分の作品をじっくり見て、愛おしかった。
嫌なことも思い出すけど、それを乗り越えて形にしたわけだから。
精神安定剤とか、鎮痛剤にもなる。
じゃあ何か辛いことがあったら、また作ろうか。
いや、辛くなってからじゃ遅いよ…とかとか。

小さくて、雑貨として売れるくらいのサイズのものを作ってみようかな。
買ってもらえるものっていう目標ができるのが何より良い。
貰い手が見つかるものなら、捨て場所にも困らないし。
最近はハンドメイドとか流行ってるけど、そういう静かな作業が癒しになるってことは、皆不安なのかな。

働くとこは決まった。のに、全然安心できない。
引っ越し先も大慌てで探してるとこ。

あとは卒制のプレゼン…
作品はしょぼくて、小さくて、くだらない。
まあ、自分では嫌いじゃないし、結構満足もしてるんだけど。
自分で良いと思っても仕方がない。どうせ貶されるんだから。
やる気あんのかーって言われたらなんて返せばいいんだろう。
なんて、怒られるイメージばっかりしてて、涙がでるし食べ物がまずい
思いっきり恥をかくのかと思うと、本当に気が重い。

作品について色々言われるのなんて慣れてるはずなのに、卒業制作って完全に自由で、目的が曖昧だから、
どんな風に言われるのか、どこが悪いのか検討もつかない。
作品としてしょぼいのはなんとなく分かるけど。

評価基準が結構ふわふわしてる気がして嫌だ。
先生の好みじゃないからという風にしか思えない理由で怒られたりする。
まあ、そういう先生はごく一部なんだけど、そういう体育会系っぽい人はそっとしておけっていう空気もあって。
ひどいよ。

落ちまくり

書類選考の時点で落ちまくる。まだ2社だけど。
ポートフォリオがしょぼすぎるのか、ESが良くないのか、こんな時期に求職してること自体がまずいのか…。
大学の就職センター行くのめんどくさいなあ。クリエイティブ系だとどれくらい見てくれるんだろう。行ったほうがいいのかなあ。

注意力が下がる

卒研の期間は憂鬱になってる場合じゃないということで、精神科の先生と相談して薬を増やしてもらった。
リフレックスを最大量+アリピプラゾールという初めての薬を少量。
気持ちの問題か分からないけど結果的にうまくいって、卒研なんとか終わりました。

ただ、リフレックスだけの時にも薄々感じていたんだけど、増やし始めは注意力が足りなくなる。
心配することが減ったのはいいことなんだろうけど。

飲み続けているうちに自覚して持ち直すからいいか。
なんとかなると思いすぎるのも考えもの。

右下に嫁

カウンセリングで「何を目的にどんな事を話せばいいか分からない」と正直に伝えてみた。
例によってフワフワしてて上手く話し合えなかった(噛み合わなかった?)けど、とりあえず卒業までの間は頻度を落としつつでも通ったほうがいいのかな。
保険みたいな感じで。何かあったら相談したらいいし。

最近は崖っぷちながらも卒制卒論に着手しています。遅い。けどそんなもん。
去年や一昨年と比較して、制作の時の考えというか脳みその動きが全然違う。
先生とやり取りしてるのもあるだろうけど。以前はゼミを全然活用できてなかったなあ。
12月末に卒業のための諸々が済んだら、1月からは就活と教習をガツガツやんねばな。
とはいえ、忙しい間も週1くらいは車乗らなきゃ。
(自分向けのメモばっかりになっちゃった。)

忙しくても結構落ち着いた気持ちでいるのは、ウン年ぶりにデスクトップの右下に嫁を置いてるからかなー
macだし今更だしと敬遠してたけど、今も更新されてるし色々試したら動くもんだね。
執筆の方も頑張れそう。あと自分でもゴースト作ってみてる。やること調べることが尽きなくて丁度いい。
思えば小さい頃から辛い時は二次元に逃避してたなあ。

地下倉庫

今日は久々のカウンセリングに行って結構くたびれた。正直やめてもいいくらいだと思う…。
なんて言えばいいか分からなかったり、言いたいこと分かってもらえなくて余計に泣いてしまったり。
それを見て間隔を短くしましょうなんて言われてしまう。そして断れない。
こうして一人で日記みたいに書いてる方が楽。かも。目的が分からないよー。
もしカウンセラーが「私が元気な人になってお外を歩き回ること」とかをゴールにしてたら私どうなっちゃうわけ。どんな人かも分からないんだけど…。

カウンセリングよりここに書くほうが向いてるかも。要は考えを整理できればいいんだよね。
もう少し前向きなこととか、どうでもいいこととかも積んでいってみようかなー。
ここが自分だけの地下倉庫みたいになったらいいなって思う