読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまのうしろ

後ろ向いて後ろ向きに歩いてく

自分ダメすぎ

思ったこと

あ、これ自分には合わないなって感覚がある。
主に、おしゃれな物か難しい物。それか「熱意のある人」って求人。
その感覚が本当に正しいのか、挑戦するべきじゃないのか、必要以上に自分を下に見てはいないか、よく分からなくて迷う。

あと自分を人並み以下と思う癖が抜けない。
というか、実際何においても人よりできていないと思う。←これ。

無理やり人と会う/エントリーすらできない

思ったこと

同期が卒業して、4月からの仕事のため別の町へ引っ越していく。
そういう時期だから、3月は人と会う予定がたくさん入る。
仲良かった数人で卒業前に話そうとか、もっと大きい集まりだと追い出しコンパとか。連絡を取り合っていなかった中学の同級生まで、引越しより前に…と連絡をくれた。
そういう、ちゃんと誘われるくらいの友達付き合いがあちこちにあるのは、すごく恵まれたことなんだと思う。
けど、身体も頭もめちゃくちゃ重い。
今から寄ってくねーとか、明日会おうとか、それくらい急になると反射で断ろうとしてしまう。けど1日中家にいるだけだから、断る理由もむずかしい。

人と話したいと思うようなことがない。
何もしてないし、何もしたくないし、就活もできてない、ちゃんと復学できるかどうかも怪しい。
もしかしてみんなは、就職前の不安な時期に、自分よりドン底の人間を見て楽しみたいのかもしれない。

求人サイトを眺めてみても、なんか虚しい。私にできることは誰にでもできるし、私は人並み以下の人間だと思う。
一応クリエイター系の求人を見るけど、完成させた作品が全然ないから、応募すらできない。じゃあ一般職はどうか。できない。もっと無理。

こうしてより好みした上に「ダメそうだからやめよう」とか変なプライドを捨てられないのがダメなんだよ。
何でもいいからさっさとスーツ着て東京に行けばいいのに。普通に。みんなやってる。
何より親だ。絶対に来月から復学しないと許さないだろうな。恋人も工場の派遣やバイトはやめてくれと言ってる。
お酒を飲もう。

義務

思ったこと

今までよりも「諦めた」気持ちで胸がいっぱいになった。
こんな無価値な私は生きていけないとかじゃなくって、漠然と、あーつまらないな。何もしたくないな。と思った。
もっとこういう私だったら良かったのに、じゃなく、面倒だな。って。

たまたま出会った他人(今の恋人)に自分の価値や居場所を求めたり、家族との関係をなんとかやり直せないかと考えたりもしたけど。
彼は色んな意味で不器用だし、家族には長い間嘘をつきすぎてた。
友達と過ごしても何も変わらないと思う。

したいことや、先に見えるものが何にもない。けど、私の住んでるところでは、生きてることが重要すぎる。
こんなボロきれみたいになってても生きてるのが一番。生きてなきゃダメ。

最近「死の思索」という本を読み始めた。
精神科でも大学でも、友達さえも、死の話には付き合ってくれなかった。
高校生ほどの頭もない私だけど、こういう本はなんとか読めるように頑張りたいし、でないと生きていけない。

何にもしたくないのに進まなきゃいけない

思ったこと

そろそろ同期たちの卒展も終わって、いよいよ春かー。復学が近いからか、不安定な感じ。

院進を考えていたところから一転、グチャグチャになって授業も院試もばっくれ、休学。
大学の居心地の悪さや、就活に対する不安、そこから来る憂鬱感・無力感・死にたい気持ちなどから、むしろさっさと就活すれば解決するんじゃないかという判断で進学はやめようかなと。
もともとあった制作や研究への気持ちも、自信と一緒にどこかへ行ってしまった。あとは、休学するまでの間に担当教員への信頼が底をついたのも…。

ポジティブな理由といえば、3年付き合ってる恋人と同じタイミングで卒業できることくらいか。良くないことかもしれないけど、精神的に支えてもらってやっと生きてる部分が多いので、遠恋になって私のメンタルが潰れると厄介。全然ポジティブじゃないけど。

ぶっちゃけ就職に対するモチベーションが全くなくて、困る。
結婚して生活していくために収入は必要だけど、そもそも「生きてて何かしたい」って気持ちがない。

生きていけない感

思ったこと

調子のいいときも増えてきたけど、やっぱりたまに「生きていけない感」がグワーッと押し寄せてきて、辛くなる。
生きていけない感というのは、多分私みたいな、(悪い意味で)真面目で無気力で、不安すぎて自己愛から目が離せない人。なら分かるんじゃないかな…。あとまだ就活してない人。

生きていける場所がどこにもない感じ。
誰も助けてくれない感じ。
強すぎる自己愛を手放したいけど、それを誰も補ってくれない感じ。
今ある関係が全部空っぽなものに思えてくる感じ。

一言で言うと「孤独感」だとは思うんだけど、それよりもっと絶望的な感じ。
孤独+自己嫌悪みたいな。もう全部だめじゃんっていう。

セロトニンがどうとかじゃなくって、実際にダメな自分がここにいる限りどうしようもないんだって。
かといって今から躾けてくれる場所も人もないし。

これから人並み以上に失敗ばっかりで生きていくんだ、って覚悟ができない。

ブログ名を変えてみた

ブログ

新しい年も始まったし、気分転換にブログ名を変えてみました。
「ろぐ」というには読み返したくないことが多すぎたし、ちょっと記事も整理しつつ。

「あたまのうしろ」というのは、私が好きになるようなものをぎゅっと濃縮したみたいな、お気に入りの言葉です。
作品のためかは分からないけど、そういう因数分解みたいなことをよくしています。

このブログで作品を公開したことは今のところないけれど、いつかは制作記録なんかつけられたらいいな。

「真面目教」をやめた

思ったこと

真面目にやっていれば必ず報われるから、自分も周りもそうするべきだ。っていうのをすっぱりやめた。
というか気づいたらやめられてた。

真面目教、すごく窮屈だった。
大学に行く度、真っ昼間に、曜日が違うゴミ捨ててる人とか見るような気持ちがして、それが自分をたたく鞭でもあった。
だけど信じても信じても助けてくれなかった。

薬を飲んでも、嫌なことを話し尽くしても、ダメな自分を許そうとしても、なんか全部うまくいかなかったんだけど、いまちょっと楽だ。
なんでかはまだ良く分からないので考えよう。
あと、メンタル弱った人が宗教に依存しちゃうとか、宗教で争い事が起きる感じがちょっと分かって怖かった。

ゴミはちゃんと捨てるけどさ